スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「どうしますか?」
2011 / 07 / 11 ( Mon )
P1030585.jpg

相変わらずチェブ毛は抜けまくっている。室内犬というのは季節感がなくなって一年中換毛期だとも聞いたことがあるけど、やはりこの時期はいつもの抜け毛量に倍率がついて抜ける。毛皮を少しでも薄くしてやるためにも、鋭意ブラッシングに取り組まなければならないが、飼い主もそうマメな人間ではないので、ついつい数日おきになり、収穫するチェブ毛も大量になる

P1030589.jpg

幼少時から私は何かしらのアレルギーがあって、季節の変わり目にはヘヴィーな鼻炎で悩まされていた。チェブを飼い始めてからは、もともと季節の変わり目の恒例だった鼻炎が一年中となったので、どうやら動物の毛か何かにもアレルギーがあるらしい。この話をすると「動物の毛のアレルギーがあるのに犬飼ってるんですか?!」と驚かれることがあるのだけど、犬を飼うと決めた時にはまさか動物の毛でも反応するとは全然考えていなかったし、それもたかだか鼻づまり。不快な症状にもましてかわゆいチェブの前には、鼻炎のツラさなど屁のカッパであった。

そんなわけで、チェブと暮らし始めてからは年中点鼻スプレーが手放せなくなった飼い主だが、一昨年東京に引っ越してきた頃から点鼻スプレーも役に立たない程鼻炎が強烈になってしまった。市販の点鼻スプレーは使いすぎるとだんだん効かなくなるうえ、逆に鼻づまりがひどくなる。更に使い過ぎのせいか鼻っ柱がボコッと腫れるようになり、さすがに観念して耳鼻科に行くことにした。

P1030586.jpg
(※↑なぜか右側面のブラッシングはイヤがるので、動かないように足でロック


耳鼻科で医者に今の症状を話し、それから質問されるがままに、自分のアレルギー歴、そして犬を飼い始めてから慢性的になったので、多分犬の毛が原因だと思う旨を話した。

医者:「そうするとまぁ、おそらくペットの犬のフケや、それに伴うダニなどのハウスダストが原因でしょうね。」

私:「はぁ、そうなんでしょうね」

医者:「どうしますか?」

私:「は?」

病院に行って医者から治療法の説明もなく、いきなり「どうしますか?」なんて聞かれたのは初めてだったので、すごい戸惑ってしまった な、何を聞きたいの???

症状訴えて、治して下さいって言ってる人間に対して、なんで医者のアンタが「どうしますか?」って聞くワケ???どうしたらいいか知りたいのは私のほうなんですけど??どんな治療法があるか、私が知るわけないじゃん。薬?点鼻薬???……えーと、最近の耳鼻科では患者が具体的に治療法を指定しなくちゃいけないのかな…???

私:「えーーーと、あの…… …どうしたらいいんでしょうか?

医者:「まぁ、ほとんどの人は、薬を服用して、犬と一緒に暮らすんですけどね。」

あ、そういうことですか。 根本原因である犬を手放すか、どうするか?ということを聞きたかったのか。まさかそういう質問をされると思わなかった。あったり前じゃん、確認するまでもないでしょうが。

私:「あ、それはもちろんです。」

医者:「そうだよね。仕方ないよね。飼っちゃったんだもんね。」(なぜか苦笑ぎみ)

…その後、薬がなくなる度に同じ耳鼻科に行ってるのだけど、この医者は毎回、↑の最後のセリフ「仕方ないよね、飼っちゃったんだもんね(苦笑)」を言う。別に他意はないのだろうが、なんとなく、ざらざらとしたいやな気分になる。もう今度から別の耳鼻科に行こうかな

しかしこういうことを言う医者がいるということは、『犬を飼ったけど、アレルギーで鼻炎になったから犬を手放す』…という人が結構いるということなんだろうか?
私は「この程度の鼻炎で飼い犬を手放す?何言ってんの?」とあたりまえに思ったけど、「鼻炎の元凶が犬なら、犬を手放そう」と考えることが「あたりまえ」に思う人も、世の中にはいるのかもしれない…。あの医者が「どうしますか?」などと聞くのは、もしかしたらかつて患者の誰かが「治療はいいです。原因が犬なら処分しますから」なんて言ったからなのかもしれない。なんだかいろいろと想像してしまう。

もちろん、アレルギーにも程度の差があるわけだし、ものすごく重篤な症状に至る場合は、どうしても動物と一緒には暮らせない場合もあるのかもしれない。それは仕方のないことだけど、薬でどうにでも症状が押さえられる私程度のアレルギー症状の人間に、いちいちそんな確認をしなくてもなぁ、と思う。

どっちみち、犬はなんにも悪くない。人間の都合で勝手に飼っておいて、アレルギーの原因になったからといって動物を責めるのは筋が違う。世の中にペットを手放すことで鼻炎を解決しようという人がいたら、やはり思いとどまって飼い主の責任をまっとうしてほしいな…。
IMG_0137.jpg

その後、耳鼻科で処方されたアレルギー性鼻炎用の薬で、6年間悩まされた鼻炎が見事ピタリと治まり、ものすごく快適な日々になった。さすが処方薬。ていうか6年もガマンしないでもっと早く耳鼻科に行けばよかった


ランキングに登録しました!今日は112位もうちょっとで100位圏内!
クリックお願いしまーす
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 その他日記ブログへ

21 : 09 : 08 | チェブ・ナージャ・犬 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<せっかちな犬 | ホーム | 今ここを生きる犬>>
コメント
No title

なんでそんな事を聞くんでしょうね…凹

ペットを手放す場合はそっちの手配?も面倒も見てくれるのか!?
ってツッコミたくなりました~!!

病気を治してくれるのって
薬であって医者じゃないって感じですわwww

by: こりん * 2011/07/12 09:59 * URL [ 編集 ] | page top
なんなんでしょうね

ね、ちょっとヤーなかんじしますよね。

苦笑ぎみに「仕方ないよね」って毎回言うのも、「厄介なもの抱えて大変だね」ぐらいに聞こえてくるんですよ。

やはり医者を変えようかと(笑)
by: junko * 2011/07/12 11:33 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chebusan.blog81.fc2.com/tb.php/64-96e525ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。