スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
以心伝心……??
2015 / 04 / 12 ( Sun )
先日飼い主のTwitterにも投稿した画像ですが、ちょっと目を離した隙に、ゴミ箱あさりに精を出すなど、二代目ナージャさんはおかげさまで壮健でございます。

IMG_4469.jpg


ズタボロ木っ端微塵になったダンボール箱の代わりに、ひとまわり大きい箱を先日贈呈しましたが……こちらも順調に破壊中…(相変わらず、犬用おもちゃには全く興味ナシなんですがね…
P4111742.jpg


もしかして、ダンボール箱の「大きさ」よりも、「新鮮さ(?)のほうが、ナージャ的に嬉しいのかもしれんなぁ…
P4111743.jpg


そう考えていたところに、ちょうどペピィで注文したシャンプーやらなんやらが、分厚くて丈夫そうなダンボール箱で届き…
P4111745.jpg


そうだ…これ、上の部分もテープで止めた状態だったら、破壊の難易度が上がるんじゃないのかな…
P4111746.jpg



いかがでしょう、ナージャさん……
P4111748.jpg


乗っかってみた…
P4111749.jpg


『カミカミしやすいところはどこかな…』
P4111751.jpg



突破口が見つけられず、諦めてしまったようです
P4111752.jpg



……じゃ、カミカミしやすいように(上の部分オープン)しましょうかね……
P4111754.jpg


『そうそう、これなの、これ』
P4111755.jpg


カミカミ……
P4111756.jpg


数日でズタボロになることでせうね…
P4111757.jpg


もしもし クチビルがダンボール型に変形してますよ、ナージャさん!!
P4111758.jpg



さてさて、ナージャのはじめてのおさんぽの記事以降、ナージャと一緒に散歩をしていると、見ず知らずの人たちともすぐに会話が始まって、この犬パワー・子犬の存在感スゲーなと、何度か書いてきました。

本当に初対面でも、ある人達とはとても気持ちが通じる感覚や、犬やその他ペットへの思いに共感できるものがあって、名前も知らない見知らぬ他所様との会話をとても楽しく、今ここで偶然お会いしたことを嬉しく思ったりすることがある………

一方、


変なやつ、ウザいやつ、または、失敬なやつに出くわす確率も、ある程度はあるわけですわね……(-_-;)

(私は「礼」に関しては年齢の上下関係ないと思っているので、相手が年長者であっても無礼なことされたりしたらロコツに態度に表す人間です)


「かわいいわね〜〜〜!!」から近づいてくるのが常套なんですけど、その後の会話が、




「私は犬そんなに好きじゃないんだけど、私は犬に好かれる」
(↑年配の人に多い。まぁこれはいい、そんなにイラッとはこない、ハイハイって感じで…)


あと、

「コーギーは太りやすいから、今から食事をきちんとしなくちゃダメよ」
(↑そういうアナタはご自身で犬の体重管理&ダイエットをきちんとしたことがおありなのかしら?ワタシはチェブの12.9kgを10.2kgまで減らしましたよ。さぁ、是非今すぐ貴方様の実体験に基づいた「きちんとした」犬の食事について、教えて下さいませ! 言っとくけど、おからやこんにゃくをを食わせるみたいな、どっかで聞いてきたような話要らんからな)


だの


「ちゃんと今のうちから動物病院に行くのよ!健康診断とかしてもらってね!犬の長生きは飼い主の責任なのよ!」
(……てか、もう大学病院行ってるんですけど




だの、、、、、うるせぇんだよ馬鹿野郎!!!……と、ケリ入れてやろうか、シメてやろうか今すぐに……と思うような、初対面で聞いてもない説教(?)こいてくるやつが、一番腹立つのですよね(-_-;)



多い…こういう人。なんなんでしょうね、相手(しかも今、道でバッタリ会ったばかりw)がどういう経験や環境で犬を飼っているのか察することもなく、一方的にあーだこーだ言ってくる。アンタ一体何様なのかと。私から見たら、こういう連中はただの愚か者


(……とか言ってますけど、それをもって『あんたたちと違ってワタシは愚かではない、ワタシはあんたたちと違って賢いのです』…なんて言いたいわけじゃないのです。
他者への気遣いや思いやりの心を持たない人間、自分のことだけしか考えていない無神経な人間を、心から軽蔑する
という意味で、「愚か者」という言葉をあえて使います


……なもんで、最近は私も、それっぽい人と出くわした時には、先手w

「この子は二代目の子で、自分は去年まで10年コーギーを飼っていた、残念だけど昨年10月に亡くなってしまった。前の子は5歳の遅い避妊手術後にMAX13kg近くまで増やしてしまったけど、手作り食で10kg台まで戻した……云々」

……というような、前情報(聞かれてもいないけどw)先に相手に言うようにしています。そうすると、面白いように黙る(←どこかで見聞きしたようなことを、さも知ったようにアドバイスこいてこない)のでw


(だいたい、こういう余計なことを、まさに知ったようにアドバイス(w)してくる人は、実は実際に経験していない人が多いような気がします。どこかで読んだ、見た、Google先生に尋ねたらそういう検索結果だった、知り合いがそうだと言っていた、テレビで見た……etc....)




そういう、できれば出くわしたくない人との間で、こんなことがありまして………













ナージャはじめてのおさんぽから、確か3回目くらいの散歩の時だったと思います。コーギーの子犬自体が珍しいのもあって、いろんな人に声をかけられ、モフモフされながら、楽しくおさんぽをしていたんですが、
1


見知らぬ年配の女性が、


「あら〜〜、かわいいワンちゃんねぇ〜〜〜」


なんて言いながら近づいて来ましてですね、






よそ様の容姿や見た目に関してアレコレ言うのは失礼なことだとは思うんですが、その老婦人というのが、一度見たら忘れられないようなお化粧??をしておられたもので………


(↓ゼッタイ「化粧品」以外のナニかで描いてるな……としか思えない、
忘れがたいマジック眉毛マジックアイライン…(-_-;))

2015041101.jpg




……で、やおら話しかけてきたと思ったら、

「犬の散歩の時には、絶対に犬を先に歩かせちゃいけないのよ、そうしないと、ちゃんと人間をリーダーとして認めないんだからそういうのは、今からキチンとやっておかなくちゃダメなのよ…………」

その他もろもろ、初対面からイキナリ、犬のしつけに関する説教開始


お外での散歩、まだ3回目のナージャが、あっちいったりこっちいったりするのを背後で見てでもいたんでしょう。一言言ってやらねばとでも思ったのか……
(私は、今はとにかくお外を歩くことに慣れること、車、バイク、子供、その他もろもろの騒音を怖がらないように慣らすこと。歩かせ方は、あとからでも矯正できると(チェブの経験から)考えていたので)


 ていうか、あんた一体 犬飼ってるの、飼ってたの?それとも、犬の訓練士の資格でもお持ち? いやそれになにより、私はあんたに、しつけに関するアドバイスなんか聞いてないんですけど



『聞いてもいないのに、なんなんだこのマッキー極細ババア 感じ悪いなぁひまつぶしならよそでやれよ!………』



……などと、ワタシが内心猛毒づいていたら、


普段ほとんど吠えない、たまにフニャフニャした声を出すだけのナージャが、突如ばあさんにむかって吠える、吠える(ビックリ!!人に向かってこんなふうに吠えたのは、この時が初めてでした
2015041102.jpg

ナージャ、人が大好きなので、すぐに知らない人にもじゃれついたり、遊んで〜なでて〜!!って、アウアウ言ったりすることはしょっちゅうなんですが、この時はあきらかに威嚇めいていて、怒って吠えているような感じでした



ナージャは吠え続けるし、ワタシもマッキー極細ばあさん不愉快でならんかったので、


「私はこの子を飼う前から、ずっと犬を飼っています。ある程度のことは知っ・て・ま・す・か・ら(内心憤りで大噴火


マッキー極細ばあさん「余計なこと言ってごめんなさいね〜〜」なんて言いながら去って行きましたけど……


それより実際、驚いたのはその時のナージャの吠えっぷりで……
2015041103.jpg



自分でも、ほんとちょっとビックリした出来事でした




この出来事の数日前に、こういう本を読んでいたんですよね↓(ちなみに、「動物と話ができる本!」コピーに惹かれて買ったワケではないです
P4111762.jpg
0

チェブが余命幾日もない…と言われた後、亡くなるまでの4日間、どうしても諦められず奇跡を信じて、いわゆる「代替医療」(東洋医学やオゾン療法等…いろいろですが)とよばれる治療を行う病院に、数日間お世話になりました。本当に残念だったのですが、チェブは、いかなる療法を以ってしても、時すでに遅し……でした…何を以ってしても、助けてあげることはできなかった…>_<


その時に数日間お世話になった病院が、ちょっと一般的な病院とは違う方針の治療を行うところだったのもあり、これもたまたまなのですが、チェブが亡くなる前日に、動物の声を、人間の言葉に変えて伝えることができる特殊能力を持つ方、いわゆるアニマルコミュニケーターさんとのセッションを、先生の勧めで偶然(たまたま、その日の最後の1セッション分のキャンセルが出たとかで、空きがあった)受ける機会を得まして………(そんでもってこれもまたまた偶然なんですが、そのコミュニケーターさんの愛犬(この時の半年前に亡くなったそうだったんですが)も、コーギーだったそうです)


チェブが亡くなる前夜。コミュニケーターさんを通じチェブと人間の言葉でもって会話をし、今の生活はどうか、今の治療は苦しくないか、日々の暮らしに不満はないか…などと、、、まるで、チェブと実際におしゃべりをしているようでした。


アニマルコミュニケーターさんによると、チェブのキャラクターは「しっかり者の姉御肌」w だったそうで、初対面でこれだけキチンとした意思疎通ができたり、難しい言葉を使ったりする子は珍しいと、ちょっと驚かれたりしました^_^



霊感の「れ」の字もない自分、特別な訓練を受けてもいない自分には、たかだか本1冊読んだだけで、動物と会話ができるようになるなんては、もちろん思っていなかったんですが、

・我々人間は愛犬/愛猫/その他出会う動物たちと、なぜ出会い、なぜその運命になるのか
・どのような出来事が起き、どのような運命に遭っても、動物たちは限りなく飼い主を思いやり、愛している
・動物たちの魂は、死後どのような世界へいくのか
・動物たち、そして人間の、輪廻転生



…とか、そういったことも書かれています。いわゆるスピリチュアル系がお嫌いでない方で、愛犬の老衰や死を身近に感じておられる方は、読んでみたら、飼い主として何か心のやすらぎにつながる糸口を見つけることができるかもしれません。

それに、普段は見逃しがちだけど、動物たちも「言語によらない」意思を、しぐさや表情その他でキチンと示している…というのも、わかりやすく解説してありました。それから、日本語とか、英語、◯◯語…といった「言語」を超えた「言霊」(ことだま)というものにも触れています。


マッキー極細ババァに、『なんだこのクソババァヽ(`Д´)ノと内心毒づいた途端に、普段人に吠えたりしないナージャがばあさんに向かって爆吠えしたのを見て、

マッキー極細とワタシどっちが正しい・悪いではなく、ナージャはひたすらワタシの味方をしようとしていたのかもしれん…と。やっぱり、言葉は持たなくても、わかってるのかもしれない、動物達は……



チェブにはあまり語りかけてあげなかった…そのぶん、ナージャには、

「お前がいてくれて私は本当に幸せだ、私のところに来てくれてありがとう。お前が大好きだ。お前が一番大切だ。どんなことがあっても、私がお前を守る、必ず守ってあげる。安心してね。」


って、声に出して語りかけています。そのおかげか??でっかい粒の錠剤も上手にごっくんしてくれてます^_^;

(ちなみに、抗生剤&尿酸化剤は昨日で終了、今は休薬中です)




そんでもって今日は、いつもの病院で狂犬病の予防接種&登録をしてきました。


注射後、先生がおっ!!!?……と……、、

P4111760.jpg

(先生)「鑑札の番号、ピッタシ2000番だ!!ナージャはラッキーだな〜〜!^_^」



ナニがラッキーか??根拠はなくともw キリ番やゾロ目はなんとなく嬉しいものですチェブの分まで、ナージャは20歳まで?!長生きしてくれないかなぁ〜^^


<<追記>>
昨日、チェブの鑑札の番号を見てみたら、「01233」でしたw 惜しいッ!あと1つ違ってたら「01234」だったのにっ^^;;;






ブログランキング・にほんブログ村へ


面白かったです。
動物(人間もですが)と共に暮らす以上、
「この世」における永遠の別れというのは、
必ず来るわけで…

森羅万象、生きとし生けるものの命は
ひとしく尊いものなのだと、読了後に感じました…





<<マッキー極細>>

なんにでも書けてとっても便利
誰もが知ってるロングセラー商品ですわねぇ………

04 : 41 : 23 | チェブ・ナージャ・犬 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top
<<はじめての□□ | ホーム | 華々しき病院デビュー(経過その6・白黒つかず…)>>
コメント


ギャハハ…「マジック眉毛」…ブハハハ… きっとあの絵、御本人に激似なのでしょうね(≧∇≦)はぁ〜笑ったー! ナージャちゃんスゴイですね、ちっちゃいのに お母ちゃんを助けるなんて!!ナージャちゃん元気でよかったです\(^o^)/
by: アル * 2015/04/12 19:07 * URL [ 編集 ] | page top
アル様

『この人を見かけませんでしたか?』ってかんじでその辺に貼り出しておいたら、1時間以内に情報が集まると思うくらい、似てます、コレ(爆)

水性マーカーだと汗や皮脂で流れちゃうので、やっぱマッキー極細使用だと思いますよwwww

ナージャたん、『お母ちゃんに変なこと言うな!あっち行け!!』って言ってるのが聞こえますたw ワタシもアニマルコミュニケーターになれるかしら(嘘ですw)
by: junko * 2015/04/12 20:17 * URL [ 編集 ] | page top


マッキー極細とは、何ともインパクトのある老婦人ですね(笑)
きっとナージャちゃんは、Junkoさんの醸し出す雰囲気で『お母ちゃんこの人嫌いだ!あっち行け!お母ちゃんが嫌がってる!!』って思ったんでしょうね(*^^*)

Junkoさんとはまた違うかもしれませんが、
以前、新聞の集金のお兄さんが、
蘭を見るたびに、『お腹重そうですね』だの、『ちょっと太ってますね』だの、
毎回、集金に来るたびに言うんです。

最初は『今ダイエット中なんで~』とか答えてたんですが、そのうち『犬はちゃんと言葉わかるんで、可愛がってあげてくださいね』とか、
『太りすぎは腰に負担かかるんで、
ダイエットさせてあげてくださいね』とか、
「余計な」アドバイスを頂きまして、
たかだか月1一瞬見るだけのお前に何がわかるんじゃ!言われなくても分かってるわ!と、
お陰さまで、そのお兄さんが大嫌いになりました(笑)
今は担当が変わって、ざまあみろです(笑)

ほんとに、聞いてもいないアドバイスを
上から目線で言ってくる人って何なんでしょうね(^^;

長々コメントすみません。
by: 蘭ママ * 2015/04/13 02:33 * URL [ 編集 ] | page top
蘭ママ様

この眉とアイラインにピンと来たら110番ってくらいw 一度見たらゼッタイ忘れられないマッキー眉毛でしたよww 

ブロ友さんに教えてもらったんですけど、曰く「犬は嗅覚が優れているから、飼い主が「こいつイヤやな」って思った時に、ちょろっと出る嫌な汗を嗅ぎ分けて、ワンワンいう」そうです!蘭ちゃんは、その失敬な新聞の集金男に吠えはしませんでしたか??おしとやかさんなのかな?^_^

そういう、聞いてもないのに余計な(多分アドバイスのつもり??)事言う奴って、言いたいだけ言った後『今日のオレ、ええこと言ったったやん♪』(なぜか関西弁ww)とか、悦に入ってるんじゃないですかね〜(-_-;)
それに、そう言われた相手がどう思うか、想像力がない。一方的にアレコレ言うだけ言って、言われた相手の心情を察するのおもやりがないとも言えるか…私の大嫌いなタイプです(-_-;)

もう来なくなってよかったですね、その集金男。他からも苦情がきてクビになってたりしてw
吠えなかったかもしれないけど、蘭ちゃんが、『ママを嫌な気持ちにさせるあいつ、もう来るな!!』って、を送ってたのかもしれませんよ^_^ 
by: junko * 2015/04/13 20:52 * URL [ 編集 ] | page top


マッキー極細!!見たい~
犬って本性を見破るんだと思います。人には無愛想だけど、実はいい人だと喜んで寄っていきます。

私もコニーの散歩のときは、嫌な思いもいっぱいしました。なんなんでしょうね~あの連中は。始めは、お愛想で相手していましたが、だんだん警戒するようになり、話しかけてきても無愛想に対応するようになりました。すっごく無愛想です(笑)

コニーは昨日から自分で立てなくなりました。夜中に何度も起きて、おしっこさせています。でも食欲は旺盛で・・・これからどうなるんだろうか・・・と不安です。
by: コニ母 * 2015/04/13 21:14 * URL [ 編集 ] | page top
初コメ失礼します。

いつも、、楽しくコメント欄までも、読ませてもらってます。
ナージャちゃん、だいぶ大きくなりましたね!これからのわんぱく全開な成長ぶりが楽しみです。

そして、いつもあれれ?と思うことが、、
↑コニ母さん、最後の2行は、いらないのでは、ないでしょうか?パピーのお世話にやっと楽しみを見いだせているこぎもん屋さんの心が少し曇ってしまわないかと思ったりしています。 出しゃばった意見、失礼しました。


by: 通りすがりの者です * 2015/04/13 21:37 * URL [ 編集 ] | page top
コニ母様

恵まれたご長寿のコニーちゃんが、コニ母さんとそしてご家族の方々の愛情を、いつまでも受け取っていられることができますように。

今は歩けなくなったのだとしても、15歳になるまで、歩いていられたことは奇跡だとは思われませんか?

10歳少しで、歯茎がみるみるうちに灰色に変わり呼吸ができなくなり、息をしろ!!死んでしまうぞ!!!…と飼い主が呼びかけるのも叶わずこの世を去ったチェブのことを思い出すと……>_<

どうか、今コニーちゃんが生きてコニ母さんのそばで呼吸をしていることを、それを忘れないで下さい。三途の川だとか、そんなことは言わないで下さい。コニーちゃんは、いや動物たちは、最後の一瞬まで生きようと頑張っているんです!!

そして、15歳というご長寿まで至ったことに、僭越ながら申し上げます、どうか感謝なさって下さい。コーギーの15歳は奇跡的なご長寿の範疇です。それよりもずっと若い年齢で、この世を去る子は、ご存知ですか?!とても多いのです!

私はカウンセラーではありません。コニ母さんの愛コギよりもずっと年若い年齢で、あっけなくチェブを亡くしてしまった、ただの若輩者です。

奇跡みたいな15歳の年齢まで生きる事ができたコニーちゃん。その衰えを前にしたコニ母さんに、これまでコメ返しで、私なりに、言葉を尽くして自分の気持ちをお伝えしたつもりでした。でも、コニ母さんのお辛い気持ちを和らげることは、どうやらできなかったようで、無力を感じます。

大変申し訳ないのですが、これ以降、当ブログへのコメントはお控え頂けないでしょうか。コニーちゃんの現状を嘆く、コニ母さんの言葉が、私には辛くて辛くてたまらないのです。

おそらく、コニ母さんを励まし勇気づける場は、当ブログの他にも間違いなくあるはずです。

勝手なことを言うようではありますが、当ブログ管理人の私からの、謹んでのお願いです。申し訳ありません。

どうか、ツナ缶を開ける音と共にむっくり起き上がるコニーちゃん、その元気が1日1時間1分1秒でも、ご家族の皆様と共にありますように。

ただただ、コニーちゃんがコニ母さんとご家族の皆様と共にいる、その時こそが宝物であるということを、いつかくる「その時」の前に、どうか気づいて下さい。

申し訳ありません。
by: junko * 2015/04/14 04:26 * URL [ 編集 ] | page top
ナージャちゃんは賢い!

いますねー、通りすがりの知らん人が犬の育てかたについてウンヌン…。
私も「聞いてねーよ」といつも思ってました。ナージャちゃんはきっとその「聞いてねーよ」を伝えてくれたんでしょうね!普段吠えない子が吠えるって、そのババアの化粧が気に入らなかったのもあるのかもしれませんw

ところで鑑札のキャラクターは何ですか?
怪獣?そんな可愛い形なんですか?
さすが東京は違うっぺ…とイナカ者の私は見入ってしまいました。

段ボールかじるナージャちゃんの顔!私もビールの段ボールを寄付したいです。
順調に育っていて安心しました。まだまだ子供っぽい可愛いナージャちゃんの成長、楽しみにしています!
by: するめぷりん * 2015/04/14 18:07 * URL [ 編集 ] | page top
するめぷりん様

こんにちは、はじめまして…ですよね??コメントありがとうございます^_^

多いんですよね…ホント、『はぁ?アンタ誰??初対面で何言ってんの?聞いてねーよ💢』って、内心毒づきたくなるような人…(-_-;)
私は連れ歩いているのが子犬なので、「犬飼い初心者」だと思われやすいんじゃないかなと…だから、どこかで聞いたようなことをアレコレと、経験したわけでもないのに知ったかぶりでアドバイス(失笑)したくなっちゃうんじゃないですかね〜

他の方のコメ返しにも書いたのですが、わんこは嗅覚が優れているから、飼い主が『こいつイヤだな…』と思った時のイヤな汗(笑)のにおいを、敏感に察知してワンワン吠えるそうです。犬ってホント賢いですよね^_^
ナージャはマッキーばばぁの油性ペンの臭い(爆)にも更に反応したのかもw

鑑札のキャラクターは、杉並区のゆるキャラ「なみすけ」ですw
スギナミザウルス島に住んでいた妖精だそうです^_^;
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=150&n2=200&n3=100

ビールのダンボール箱なら、分厚くてカミカミし応えがありそうですねw 最近は身体とともに口・アゴも大きくなってきたので、転がすだけだったペットボトルも、ベッコベコに潰して遊んでいます…^_^;;
by: junko * 2015/04/14 23:22 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chebusan.blog81.fc2.com/tb.php/555-f399e0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。