スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「少年は知っている」
2015 / 01 / 15 ( Thu )
前回の記事を更新した1月7日は、翌日8日から帰省予定の地元北海道が爆弾低気圧大荒れで、新千歳空港の滑走路も閉鎖、線路に高波の海水がかかって凍結してJRが止まるラッセル車も動けない漁港の灯台が折れるなどなど、凄まじかったようで、地元の友人や家族からも、「じゅんちゃん大丈夫?」「飛行機飛ぶのか??」…と、大いに心配されたのですが……


奇跡的に無事に帰省を果たしてきました(着陸できなければ引き返す条件付き運航でしたが
IMG_4116.jpg

IMG_4120.jpg

IMG_4123.jpg
(実家からの眺め…タダでさえ細い田舎道は両脇にどけた雪ですりばち状態


次回は、天候の心配をしなくても済むような時期を選んで帰省しようとふかぁく反省しました0


ちなみに、3泊4日の帰省最終日は実家(父ひとり暮らし)に1泊したのですが、後期高齢者になっても尚、真鍮の肝臓と(兄曰く)アイアン・スタマックを持つ父に付き合って朝5時までサシでビールとウイスキー飲んでヘロヘロになりました……わがオヤジながら恐ろしい……絶対勝てない……





チェブがいなくなってから、今日1月15日で4ヶ月目になりますが…


連れ歩く犬もいないというのに、夕方になるとなんとなく小一時間、ブラブラと散歩する日が多いです。
IMG_4145.jpg


連れ歩く犬もいないというのに……

IMG_4146.jpg


あの三つ並んだベンチに、よくチェブと座って一休みしたもんでした。
IMG_0594_2015011420502055a.jpg


日差しが暖かい冬の日は、缶コーヒーやパン、サンドイッチなんかを買い込んで、ちょこちょこと一緒に食べたりして。
(暖かい季節だと、ワタシが死ぬほど蚊にさされまくるのでベンチで長居できんのです
IMG_0595.jpg


一緒に写真撮りたくても、視線はパンに釘付けだったのですがね…



以前の散歩と違うのは、ちょっと気になったお店に、フラッと立ち寄ることが多くなったことです。以前は、チェブを外に繋いで店に入るというのは心配で、素通りするだけだったのですが…
IMG_4138.jpg

今住んでいる界隈は、アンティークのお店や、
IMG_4140.jpg


小さな雑貨屋、ギャラリー、洒落たセレクトショップなんかがたくさんあります。
IMG_4144.jpg


なにやら怪しげな新興宗教(??)も元気な地域なんですが………
IMG_4141.jpg
(↑怪しすぎるポスター…われらがコーギーがいるので思わず撮ってしまった


それから、古本屋がたくさんある街でもあります。
IMG_4142.jpg

IMG_4143.jpg



3年も住んでて素通りするだけだった古本屋にふらふらっと入って、なんとなく2冊買ってみました。

IMG_4124.jpg



右の、動物ものがですね…
IMG_4127.jpg


目次を読んだだけでもやばそうな……
IMG_4128.jpg


内容は、ペットとしての犬や猫だけでなく、馬や鳥、狼、熊……色々な動物と人間との間に交わされたエピソード、短い物語が35話収められています。うるっとくるものや、心あたたかくなるようなもの……どのお話も、動物好き&動物と暮らす者には、心に沁みるものがあるのですが……






…ほんとは、こういうこと(←本の内容を勝手に写真撮ってupするの)はしちゃいけないんだとは思うのですが、この↓「少年は知っている」という、たった2ページの物語………




ある日突然、チェブがもはやあと数日も持たないと宣告されてしまい、動揺するしかなかった「あの時の自分」に戻って、この話を教えてやりたいと、、、思いました。





(↓画像クリックすると大きくなりますので、よかったら読んでみて下さい…特に、今まさに愛犬を亡くした悲しみに暮れている方には、大きな励ましになると思います)
P1141026_20150114233323a2f.jpg



P1141027_20150114233324340.jpg





チェブも、ちょうどこの物語に登場する犬と同じ10歳、助かる見込みのない末期がんで、積極的に勧められこそしませんでしたが、安楽死を覚悟するように…と、獣医さんにキッパリと告げられていました。


辛い選択を迫られることはなかったという意味では、私は幸運だったのだと思います。しかしそれでも、この物語の中の大人たちと同じようなことを、「なぜ、チェブの寿命はたった10年だったんだろう?なぜ、かくも短い命だったんだろう(>_<)もっともっと、長く一緒にいたかったのに」……と、考えずにはいられませんでした。



もしかしたらチェブは、「この世」という学校での勉強を終えて、卒業したのかもしれないなぁ……



このわずか2ページの物語を読んで……そんなふうに考えました。



みんな(人間も他の動物も)、勉強するためにこの世に生まれてくる。「誰にでもやさしく、親切になれるように」、つまりそれは、他者を思いやり、愛することができるようになるために、愛することを学ぶために、この世に生まれてくる…


誰にでもやさしく…いわゆる「無条件の愛」とよばれるもののことだと思います。人間には、なかなか難しいことですが、動物たちには、人間のように長ったらしい時間をかけて修行をしなくても、はじめから無条件に他者を愛する能力があるのかもしれません。


卒業チェブ

「この世学校」を先に卒業したチェブに、こんなふうに言われてるんじゃないのかなぁ…^^;;;;;



心に響く、素敵なお話がいっぱいでした。オススメです。






ブログランキング・にほんブログ村へ




※ちなみに、「『なぜ』と問わない」というタイトルの左の本も、心打たれる内容でした(すみませんね昔から読書感想文というのがニガテで…)。

この本の著者は、岩手県大船渡市の開業医の方で、2011年の大震災で自身も被災しながらも、震災直後から医師として、壊滅的な状態になった町の人々を支え続けてこられたそうです。また、非常に敬虔なカトリック教徒でもあるようです。

災禍に見舞われたとき、「なぜこのような目に遭わなければならないのか?」「神がいるならなぜ助けてくれないのか」と、人はしばしば考えるものですが、著者は「そのような問い自体に意味がない」と言い、「神の言葉は出来事の中にある」と語ります。自分の都合のいいお願いをすること、それは本当の「祈り」ではないとも。
「神の言葉を聞くということは、自分の身のまわりに起きる出来事の中に、神がこの自分をどのような『道具』としてお使いになりたいとお思いなのかを、しっかりと見極めるということ」。

第二次大戦中に強制収容所へ送られた経験を持つヴィクトール・フランクルの「人生に対する考え方の、コペルニクス的転回」「我々が人生に対して、生きる意味を問うのではなく、人生が我々に『生きる意味』を問うている」「生きるとは、問われていること、答えること」という思想と、通づるものがあるなぁと思いました。

…災害とは比べものになりませんが、ごく個人的ながら『災禍』を経験した自分には、改めて「生」や「死」の意味を考え直す一冊でありました。

(さらにちなみにですが、私は特定の宗教の信者ではありません、念のため)




00 : 24 : 02 | 飼い主の日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<月命日、半年目、と…【訂正あり】 | ホーム | 5日遅れの新年>>
コメント


こんにちは。
無事のご帰還、良かったです。
大酒飲みなのね(^^)

『少年は知っている』 
私も 非常に納得しました。
昨年 トビーとランの子供の一匹(近所の方が飼ってくれてました)が咽頭腫瘍で7月に亡くなり、なんで?なんで?なんで?と暫くは涙目でした。
いろいろと検索しちゃうんですよねぇ~
『死』という事について‥‥

チェブちゃんが突然いなくなって 辛いですね、、、、
でも チェブちゃんが お勉強がんばって! と言ってます。 どうか顔晴って下さい。

西荻窪、去年 友達と散策に言ったんですよぉ~
火曜日でした。
お店は ほとんど 定休日でした(涙)
by: タロトビママ * 2015/01/17 10:44 * URL [ 編集 ] | page top
タロトビママ様

自称「『後期』じゃなくて“高貴”高齢者だ!」とのたまうオヤジもそうなんですが、亡き我が母親も飲める人だったので(一緒に飲む機会はありませんでしたが…^_^;;;)、悪しき遺伝をワタクシも引き継いでしまったようですorz しかしアイアンなオヤジには絶対勝てそうもないですv-356

霊魂が見えるような特殊能力がない以上、死別という辛い事実を受け止めるには、各人がそれなりに時間をかけたりして、納得していくより他ないのかなと思っています。いろんな解釈が世の中には存在しますが…やはりこの世は勉強の場なのかもしれないですね。

火曜日の西荻散策………ううっ、ビミョーかも^_^;;;; 水曜定休の店も多いですね〜 金土日だと結構賑わってるんですけどね!「アンティークMAP」とか片手に散策してる人、たくさんおられますよ。ぜひリベンジをば(^O^)
by: junko * 2015/01/17 19:29 * URL [ 編集 ] | page top


お久しぶりです。こぎっちアニスの飼い主です。
チェブちゃんの事は存じてましたが、コメントお悔やみの言葉が書けず・・・(泣)ごめんなさい。
今もこうして愛されてるチェブちゃんは、幸せですね。
家の母犬かんなも一昨年「癌」で亡くなりました。
13歳でしたので覚悟は出来ていたんですが、やっぱり後悔ばかり。やっと悲しみが薄れていくころ昨年ミモザが「血管肉腫」と言う癌になりました。
11月初めに脾臓を丸ごと取りました。
余命わからない状態です。治療は、抗がん剤なし。
サプリで頑張ってます。あとね、家族で過ごす時間を大切にしています。
ミモザは、「癌」とは無縁なほど元気です。
信じられないくらいです。みんなと大会に出たりして残り少ない犬生を楽しんでます。
今まで見たことのないとびっきりの笑顔です。
そんなミモザを見てると犬って凄い。
愛してくれる人と一緒の時間を過ごすのが何よりの治療薬です。
今、とっても幸せです。アニスもヒースもミモザの事を労わり団結してます。
3わんに「愛すること」を教えてもらいました。
私もかんちゃんに「まだまだお勉強頑張ってね」って言われてますけど(笑)

頑張ります。風邪引かないように・・・
お体大切にして下さいね。
by: かんな母 * 2015/01/22 07:10 * URL [ 編集 ] | page top
かんな母様

お返事が遅くなりまして大変失礼致しました!ご無沙汰しております。

犬達の寿命は我々人間よりもずっと短い、そんなことはわかっていても、お別れが何歳の時であっても、覚悟ができていようが突然であろうが、やはりいとしい存在とのお別れは辛いものですよね…

記事中でご紹介した「動物たちの贈りもの」という本に、「別れの時に」という章があるのですが、章の扉に

『愛情の深さは、別れのときまでわからない。』

という一文が添えられています。今は本当に、本当にその通りだなと思います。

ミモザちゃん、頑張っているというか、与えられた命を存分に、ありのままに生きているのでしょうね!(サプリメントはもしかしたら、コルディでしょうか??)
一生懸命に生きることへの迷いのなさ、他者を愛することへの純粋さに関しては、我々人間は必ずしも動物たちよりすぐれているとは言えないように思います。

不惑を過ぎても未だウダウダなワタクシの肩を、目に見えないチェブが『お母ちゃん、まだまだだね…』…っていいながら、ぽむっと叩いて励ましているように思いますf^_^;
by: junko * 2015/01/29 23:33 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chebusan.blog81.fc2.com/tb.php/532-7ed4a528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。