獣の片鱗
2011 / 06 / 30 ( Thu )
飼い主、外出から帰宅。留守番のチェブが極短シッポをプリプリして熱烈お出迎え。今日は粗相もしてないし、ゴミ箱もイタズラしていない でかしたチェブ、それでこそわが愛犬、さすが私の犬。
そんなすばらしい犬であるオマエのために、母はおみやげを買ってきたよ。

ビニール袋のガサガサ音に反応中。


ジャン 馬のアキレス。かなり長持ちするし、噛み応えがあるので最近のチェブの定番おもちゃ兼おやつ。カロリーは普通だけど、とにかく長持ちするから、ダイエット中でも安心。
P1030617.jpg

たくさんある品の中から、とにかく一番固ったそう~なやつを選んできたよ、チェブ!
P1030616.jpg

このチェブの眼のかがやき…
P1030620.jpg

やはり、骨系とか、動物の“どこか”の干物系には、チェブの食いつきが違う。おやつであっても、クッキーっぽいものや野菜原料のものよりも、やはり「肉」「骨」「筋」の時には、あきらかにチェブの眼がギラギラとかがやく。ニオイでわかるのか、形状でわかるのか?さすがにこれらを目にした時には、獣の本能が騒ぎ立つのかもしれない……


あっコラ、チェブっ!! ちょっと待て!
P1030621.jpg
「待つもんか」

瞳孔が開いてる アキレスの写真を撮っておきたかったのに…

「誰にも渡しませんよ」
P1030622.jpg
すみやかに自分のエリアへ移動

両手(足?)でしっかり固定して、それはそれはおそろしい顔でガジガジかじりまくる。
P1030624.jpg

もう何も聞こえない。目に入らない。
P1030625.jpg

どっかのメーカーの犬用おやつで「かわいく食べちゃう」っていうシリーズのものがあったけど(犬が両手でおさえやすい形状になってて、かわゆく食べる姿が見られるとかいうコンセプト)、チェブの場合、馬のアキレスはさながらおそろしく食べちゃうってとこか 獲物(?)を押さえつけ、鋭いキバでガシガシしごき、むしり取った断片を、さもうまそうに、満足げに、噛みくだき味わい飲み込む……こういう姿を見ると、ヤワな座敷犬とはいえ、チェブもやはり獣のはしくれなんだなぁ…と感慨深く眺めてしまう。

このアキレス、犬用ガムよりもずっと長持ちするし、木のおもちゃ(かじっても大丈夫な棒状のもの)よりも食いつきもいいので、かじるの大好きなチェブには大変ありがたいおもちゃ兼おやつ。飽きてくると、飼い主のところに「ひっぱって遊ばない?」と、ひっぱりっこ遊びの誘いに持ってきたりもする。かじってなめてウネウネになったアキレスで綱引きするのはちょっとキモチワルかったりするのだけど…

夜までかじりつづけて、2つに分解。
P1030631.jpg

さらに深夜までアキレスとたわむれ続け、部屋を散らかす犬。
P1030636.jpg

なんでそれかじってるだけで、こんなに散らかるの???……んー、いや、いいんだよ、楽しいなら…。



ランキングに登録してみました。よかったらクリックお願いしま~す!
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
13 : 07 : 48 | チェブ・ナージャ・犬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ケチな犬 | ホーム | ライオンのような雲>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chebusan.blog81.fc2.com/tb.php/52-7de916fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |