No.9 「ご近所犬友Kさん家 ララさん」
2011 / 12 / 29 ( Thu )
耳の形とか違うしヒゲもまだ描いてないし、描き込みがまだぜんぜん途中なので、完成させてからupしようと思っていたものの、つべこべ言っていると年が明けてしまいそうなので、まずはほぼ出来上がりに近づいたコチラの状態でupさせて頂きます



本年描き納め、ご近所犬友、Kさんちのララさん

お預かりした写真☆この満面の笑み ん~~かわゆいなぁ…
lalachan.jpg

ララちゃんは飼い主が現在の場所に引っ越して来てから最初に知り合いになったご近所コーギーさんなのです。おなじくご近所ワンコのナナちゃんと同じ弾丸系の見事な前傾姿勢ぶり。なんていうかこう、おなじコーギーなのに、まったりダラダラ系のチェブのリズムが4ビート[♩♩♩♩]に対してララちゃんは16ビート[♬♬♬♬♬♬♬♬]ってかんじなんですよね。

9ワンコ目の今回、今までの試行錯誤の結果、目・鼻・耳の位置&大きさが最初に正確に描ければ、「いくら修正しても似てこない!という悪夢のスパイラルに陥りにくいのでは?!…という考えに至り、(見えにくいですが)今回はモデル写真の目や鼻の位置を中心に、補助線を引いてから描き始めました。

P1040152.jpg


P1040153.jpg

鉛筆の線を指や布でこすってぼかして、練り消しゴムで濃淡を調節…
P1040154.jpg

ララちゃん、君は本当にかわいいねぇ……
P1040158.jpg

ララママさん&ララパパさん、もう少し描き込んでからお渡ししますね~!年明けになると思います。

-------------------

わが忠犬の近影

P1040142.jpg

いよいよ間近に迫って来た引っ越しに備え、引っ越し先までの移動のため初の路線バスデビューを成功させるべく、チェブさんにおかれましてはペットキャリーに親しんで頂いています(↑↑格子のドアがガタガタ動くとビックリするからガムテープで固定してます)

P1040131.jpg
爆睡

……デキた犬だ。さすがわが忠犬…… 

キャリーケースに入ることには抵抗がなさそうなんですが、バス会社に確認したところ、実際にバスに乗せる時には、格子の部分も完全に覆って犬の顔は見えない状態にしなければならないらしく、今日試しに格子の部分をタオルで覆ってしばらく「マテ」をさせてみたところ、やはり落ち着かない様子…

車に乗るのは大!大好きなチェブも、路線バスに乗せるのは初めてで、以前に一度チェブを他の公共交通機関に乗せるのに大いにしくじった飼い主(←チェブを半パニックに至らしめてしまった)は、今回の路線バスデビューにかなり緊張しております

バスに乗っている所要時間は約30分…チェブよ、「ガゥ……とか「ワン!!とか言わないで、なんとか耐えてくれよ~~~!!!

--------------------

明日から元旦まで外出しますので、年内のブログ更新はこれが最後になります

6月からフラフラとあてどなく、方針も定まらず始めた当ブログですが、ブログを通して知り合った方々とのつながりができたり、ご近所の犬友のみなさんともブログを見て頂いたことで距離がぐーっ!と縮まったり…と、「犬」「コーギー」「ブログ」を通じて、広がりを感じる2011年でした
年明けに引っ越しとなり、ちょっと環境が変わりますが、なんせバス1本で30分程度の距離ですから、ご近所犬友のみなさま!すてきな飲み会の計画があったら、この不肖の飼い主をお忘れなくお声がけくださいませ!

ブログをご覧下さってるみなさま!2011年☆ご覧下さってありがとうございました~~!!チンケで不毛な無職の飼い主ですが、2012年はエエ加減に着地点を探す試みをしようと思っております

皆様、よいお年を!


にほんブログ村・コーギーブログのランキングでーす↓↓
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
↑↑クリックして頂けるととっても励みになります!



23 : 35 : 22 | 飼い主の犬絵&いろいろ絵 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
No.8 「あやっち家 かのんさん」
2011 / 12 / 27 ( Tue )
(色鉛筆使用)第2弾・あやっちさんちのかのんさんです。あとで陰影をもう少し強調させるかも?…ですが、だいたいこれでできあがり状態。



最後に白いヒゲを水彩絵具の白で入れようとした段階で、手持ちの一番細い筆を絵画教室のアトリエに置きっぱなしにしていたのに気づき、致し方なくやや太めの筆を使ったので、いきおいあまってぶっといヒゲにならないように………と、手に汗握ってキンチョーしてしまいました

P1040149.jpg

↑↑…モデルの写真の写真というのも、また印象が違うかと思いますので…お預かりしたモデル写真のほうはコチラ↓
P1010006-2.jpg

前記事でネタにした「色鉛筆の教科書」、大変参考になりました 特に、「色鉛筆で重ね塗りをする時は、濃い色や暗い色を塗ったあとに薄い色や明るい色を塗る」…というのは真新しい知識で(なんとなく、感覚的にいつも薄い色から濃い色へ、明るさから暗さへ…というふうに描いていたので)、今回は特に塗り重ねる順番に気をつけながら描いてみました。

飼い主のあやっちさん、どうでしょうか~~???

ただいまで8ワンコ目、残るはあと6ワンコ! 
年内にもう1ワンコいきたいなぁ…



☆興味がありましたらぜひどうぞ 眺めているだけでも楽しいです。
あなたにも出来る!
ペットの描き方 
色鉛筆の教科書―
上達したい人のための
新しい技法書




にほんブログ村・コーギーブログのランキングでーす↓↓
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
↑↑クリックして頂けるととっても励みになります!

18 : 58 : 59 | 飼い主の犬絵&いろいろ絵 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
色鉛筆修行中
2011 / 12 / 24 ( Sat )
懲りずに色鉛筆にトライしております。途中ですが…モデルはあやっちさんちのかのんさん。



腕のせいなのか、30色の色鉛筆では色数が足りないのか、望み通りの茶色が出ず、茶色にオレンジやら黄色やらを重ねて塗っていったりと四苦八苦しております これも修行じゃのぅ…


前回初めて色鉛筆で描いた時は、鈴木真理さんの「ペットの描き方」の中の描き方を参考にしたのですが、色鉛筆に特化した技法書というのを持っていてもきっと勉強になるだろう…と思い、一冊用意してみました。

河合ひとみさんという方が書かれた、「色鉛筆の教科書」
P1040135.jpg



色鉛筆の教科書―上達したい人のための新しい技法書

河合ひとみさんの色鉛筆本はけっこう何冊も出ていて、犬を含めた動物いろいろを描く本(下記※)もあったのですが、さまざまなモチーフを華麗に美しく描きあげているコチラのほうをまずは選んでみました

(※動物の描き方本。こちらもかなりかわゆかったです

色えんぴつで動物を描こう


匠の手にかかれば、バナナさえも芸術品に……色鉛筆でここまで描けるのかっ!!?…と、オドロキの作例がたくさん掲載されています。
P1040137.jpg

鉛筆の動かし方や、重ね塗りする時の重ねる順番などなど、手軽に使える色鉛筆だからこそ知らない「なるほど!」と思う基本の描き方が紹介されております。参考にしながら今回トライ中です!

ちなみにこの著者の河合さん、大学は違うのですが飼い主と同じロシア語学科(河合さんは東京外大なので正確には「ロシ“ヤ”語学科」)を卒業されていて、ついつい「おおおっ?!」と反応してしまいました(マニアックというかマイノリティーというか…日本のロシア語学習者というのは、他のメジャーな外国語学習者と比較すると数がそんなに多くなく、普段日常を過ごしていると、「ロシア語専攻だったorロシアに関わっていた」という人に遭遇する確率が非常に低いもんですから

…てなわけで、出来上がりまで今しばらくお待ち下さいませ~

えー、ここ数日ぐぐっと寒い日が続いておりますが、そうなるとわが忠犬はこのありさま。
P1040121.jpg

飼い主が起床後もまったく起きる気配がありません。



幸せな犬だな…


にほんブログ村・コーギーブログのランキングでーす↓↓
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
↑↑クリックして頂けるととっても励みになります!


20 : 09 : 02 | 飼い主の犬絵&いろいろ絵 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
「りんさん」、修正後
2011 / 12 / 22 ( Thu )
昨日のup後から少し直しました。目の周りや瞳の光っている部分の白が強すぎ&大き過ぎたので、少し色をのせてみたところ、昨日のキツさが和らいで優しそうな表情になった……と、描いている本人は思っています

P1040125.jpg

コンマ数ミリなにかが違うだけで表情がぜんぜん変わってくる、顔を描くのはホントに深いです

P1040126.jpg

この状態でお送りします~!

14 : 19 : 12 | 飼い主の犬絵&いろいろ絵 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
No.7 「ゆりさりん家 りんさん」
2011 / 12 / 21 ( Wed )
「そんなコギなでりんブログ」ゆりさりんさんちのりんさんです。

P1040120.jpg


う~~ん、まだなんだか違うような気がする……どうでしょう、ゆりさりんさん、似てますかね?
P1040119.jpg


とにかく、りんさん目力(めぢから)最強!! チェブも比較的眼が大きいと思っていましたが、りんさんは更に眼が大きい!!アイラインのような眼のまわりの黒い部分も太めでくっきりで、カネボウのKATE(ケイト)という化粧品シリーズの広告モデルを彷彿とさせられました。
あんまり目力に引き込まれてしまうと絵の中で眼ばっかり強調されてしまいそうなので、他の部分より強すぎないように気をつけて描いてみました。もう少し身体の部分をあとで描き足すかも…


---------

ところで、みなさま「ゲシュタルト崩壊」というコトバを聞いたことがあるでしょうか?(詳しくはWikipedia「ゲシュタルト崩壊」)誰でも経験があると思いますが、ひとつの漢字やひらがなをジーーーッとしばらく見つめていたり、何度も繰り返し書いたりすると、だんだんその文字がなにがなんだかわからなくなってきたり、よく知ってるはずの文字が意味のわからない記号のように見えてくる現象、これが「文字のゲシュタルト崩壊」です。部分部分を分けて認知してしまうと全体としての「まとまり」がとらえられなくなるというような現象ですが、今回ワタクシも思いっきりゲシュタルト崩壊しまくりでした 目、目、鼻、口、個々のパーツをガン見し続けるあまり、だんだん顔に見えなくなってきて、何を描いているのかわからなくなってくるという…
絵画教室の先生が、絵を描く時は時々遠くの景色を見たりして目を休ませながら描きなさいとよく言うのですが、今回はその理由がしみじみとよくわかりました

<追記>
晩酌がてら
どうしても納得がいかず、一体なにによって私の中のゲシュタルトが崩壊しているのかッ…!!!と眺め回し、もしかして、角度???と思いつき…角度を変えてみたところ、
kakudo2.jpg

この角度ならゲシュタルト崩壊しない
そして修正したい部分も見つかった!!

不思議だー、絵って不思議だーーーー(酩酊中)

<追記終わり>

にほんブログ村・コーギーブログのランキングでーす↓↓
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
↑↑クリックして頂けるととっても励みになります!
21 : 12 : 04 | 飼い主の犬絵&いろいろ絵 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム | 次のページ>>